過去のセミナー

テーマ 「衣食住に関する便利な知識」
開催日程 2017.12.06
開催場所 愛知県大府市役所
開催時間 10:00~11:30 参加者7名
講師 消費生活専門相談員 廣重美希 氏
概要 主催 愛知県大府市役所 商工労政課
講師の廣重氏が衣食住に関する情報を提供しました。衣生活に関連して、経済産業省が子ども服の紐の安全基準に関わるJIS規格を作成したことを紹介。近年、子ども服の紐が原因で起きる事故に注意が向けられているそうです。また、トラブルが多いクリーニングについて、事故の対処方法を学びました。住生活に関しては、「賃貸のアパートを退去するとき、クロスの張替代などを請求されたが、敷金から相殺して支払わないといけない?」というクイズを出題。正解は「支払わなくてもよい」。張替代などの費用は月々の家賃に含まれているため、敷金から差し引くのは誤りだそうです。このような大事な知識について、廣重氏は楽しいクイズ形式で解説、参加者の反応は大きく、参加者は少人数ながら充実したセミナーとなりました。
テーマ 「お墓・エンディングノート・終活について」
開催日程 2017.12.01
開催場所 石川県河北郡内灘町文化会館 3階 視聴覚室
開催時間 13:30~15:00 参加者160名
講師 市民後見人 張公明 氏
概要 主催 石川県河北郡内灘町役場
 内灘町が主催する生涯学習は「はまなす大学」という名称で年回15回、様々な講師による多彩な講義が行われ、40年の歴史があるとのことです。生徒さんはご高齢ながら熱心に参加され、参加人数も160名という本プロジェクト始まって以来、最大規模のセミナーとなりました。テーマは最近、人気の「終活とエンディングノート」です。講師の張氏は江戸川区の市民後見人としてボランティア活動をされる中で、人の死に関わり、終活に関する早めの準備の大切さを説きます。講義内容は終の住まい、葬儀、相続、お墓に関すること、等、誰もが関心のあることですが、その中でも、思わぬ落とし穴があり、注意すべきポイントを解説しました。例えば、サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)のサービスの中には、介護が含まれていない契約があることや、エンディングノートを作成しても何処に保管しておくか、という問題です。死後、ノートの存在に気づいてもらえなければ意味を成しませんし、エンディングノートは遺言書ではない、ということも重要なポイントです。ご参加いただいた皆様には参考になったことと思います。
テーマ 「悪質商法の被害にあわないために」
開催日程 2017.11.21
開催場所 山口県周南総合庁舎 会議室701
開催時間 13:00~15:30 参加者20人
講師 消費生活専門相談員 廣重美希 氏
概要 主催 山口県県民生活課消費生活センター
本プロジェクトがスタートしたきっかけが「悪質商法の被害に遭わないために、賢い消費者を育成すること」ですが、テーマに関する消費者のニーズは多岐に渡り、この3年間で開催したセミナーのテーマは10種類以上あります。今回は本来のテーマに戻り最近の悪質商法の手口の事例を挙げて解説した他、生保会社が作成した「ライフサイクルゲームⅡ」(生涯設計の手引き)を利用し、消費者問題や消費者の権利と責任について楽しく学びました。実践編では「クーリング・オフの書面作成」や「お断りトーク」等を通じて、すぐに役立つ技術を学んでいただきました。いつも感じることですが、セミナーに参加される方々は自力で被害に遭わないように行動できる人ですが、この会場に来ることができないご高齢の人が心配です。地域の見守りにも活かしていただきたいと思います。
テーマ 「衣・食生活」について
開催日程 2017.11.15
開催場所 AOSSA 603研修室
開催時間 10:00~11:30 参加者35名
講師 藤瀬幸枝 氏
概要 主催 福井県安全環境部 県民安全課 11月14日に続いて、藤枝氏のセミナーを福井市内で行いました。
テーマ 「衣・食生活」について
開催日程 2017.11.14
開催場所 小浜商工会議所 3階研修室
開催時間 13:30~15:00 参加者20名
講師 藤瀬幸枝 氏
概要 主催 福井県安全環境部 県民安全課 今回は参加者が20人での開催となりましたが、藤瀬講師の分かりやすく熱のこもった講義に、時の経つのも忘れる程でした。意外に知らない「衣食」の情報として、平成27年に改正された食品表示法に関する制度があります。アレルギー表示のルールや加工食品の栄養成分表示義務、機能性表示制度の創設。等です。アレルギー物質で必ず表示される7品目があります。「卵、乳、小麦、落花生、えび、そば、かに」がそれです。また、昨年末に変更された衣類の「取扱い表示」がありました。ISOに基づく記号に日本語は記載されておらず、世界で共通に使用されている国際規格の記号となり、従来のものと大きくマークが変わりました。その他、食品ロスの問題やフェアトレードに関する情報等、とても勉強になりました。

全国流通直販協会は、ネットワークビジネス、宣伝講習販売、電話勧誘販売、戸別訪販などの販売会社を対象に81年に発足しました。
特定商品取引法や薬機法のコンプライアンス教育を行ったり、クーリングオフ制度や中途解約の相談に応じることで、
サプリメントや化粧品など健康商材、美容商材を扱うダイレクト・セリング業界の育成を続けています。